以下省略!

タイダルウ(ry 毎日1記事執筆運動実施中。

SimpleMonaというプールを使ってみた(※閉鎖)

SimpleMonaは閉鎖されました(2015/05/02に今更追記)

以下初出時記事。

f:id:abyssluke:20140405164913p:plain:w320
SimpleMonaという、ユーザー登録不要なMonacoinプールを使ってみた。
テスト中なので不具合がある可能性がある点に注意。
開発スレはこちら

※2014/04/08追記 正式オープンにつきリンク差し替え(preview-〜を削除)、またstratumの日本サーバー(stratum-ja)も追加

設定

マイナーの設定は以下の通り。

URL stratum+tcp://stratum.simplemona.com
or
stratum+tcp://stratum-ja.simplemona.com
ポート 8888
ユーザー名 (受取先のウォレットアドレス).(任意のワーカー名)
パスワード (任意のパスワード。xでいい)

コマンドライン(CPUMiner)だと

$ ./minerd -o stratum+tcp://stratum.simplemona.com:8888 -O MAgicfZoCxiAfzv6a5sVxowxgvDrhRKuSL.pc1:x

みたいな感じになる。

採掘して数時間かすると自動的に受取り先のウォレットアドレスに振り込まれてくるはず。なお、最低支払額の制限はない模様(0.00000001 MONA〜)。

統計表示

http://simplemona.com/の末尾に受取先のウォレットアドレスを入れると表示される。

寄付率変更

寄付率はデフォルトで1%に設定されている。
変更は本人による変更であることを確認するためウォレット上でメッセージの署名が必要になる。Android版のMonacoin Walletでは署名ができないので無理かも。またMultiMonaを利用している場合、古いバージョンにはメッセージの署名に不具合があるので最新版への更新が必要。
※以下は日本語版Monacoinウォレット(qt)を利用しているものとして解説

  1. 統計ページのCurrently donatingの横にあるアイコンをクリックすると設定変更画面になる。
  2. DonationAmountに寄付率(0-100の整数)を入力しGenerateを押すとSETFEEから始まる文字列が表示されるのでそれをコピーする。
  3. f:id:abyssluke:20140405171620p:plain:w320
    ウォレットのメニューからファイル→メッセージの署名を開き、アドレス欄に受取先のウォレットアドレスを入力(①)。
  4. メッセージ欄にコピーした文字列を貼り付ける(②)。
  5. Sign Messageを押す(③)*1と署名が出てくる(④)のでそれをコピーする。
  6. SimpleMonaに戻り、Signatureにコピーした署名を貼り付けChange!を押すと設定変更されるはず。

*1:ウォレットを暗号化している場合はこの段階でパスフレーズを確認される

広告を非表示にする
実験中:よい子は次のアドレスにメールを絶対に送らないでください。場合によっては晒しあげされますよ。 ivyrush+htnb.20170313@rita-ch.com viande@rita-ch.com