以下省略!

タイダルウ(ry 毎日1記事執筆運動実施中。

いろいろとウォレットをコンパイルしてみたのでアドレスを晒す

昨日と今日でいろんな暗号通貨のウォレット(qt)をコンパイルしてみたのでアドレスを晒してみる。

Dogecoinのコンパイルについて

Dogecoinは昨日の手順だとboost-chronoがねぇぞと怒られた(どうやらCentOSレポジトリで配布されているboostだとダメな模様)。
以下の手順で最新のboostをコンパイル、起動するようになった。もしかしたらもっと最適な方法があったかも。

Boostインストール
$ wget http://sourceforge.net/projects/boost/files/boost/1.55.0/boost_1_55_0.tar.bz2/download
$ mv download boost_1_55_0.tar.bz2
$ tar xjvf boost_1_55_0.tar.bz2
$ cd boost_1_55_0
$ ./bootstrap.sh --prefix=/usr/local/boost-1.55.0/
$ sudo ./b2 install
$ sudo vi /etc/ld.so.conf.d/boost.conf
/usr/local/boost-1.55.0/lib/
$ sudo ldconfig
$

boostはstaticでコンパイルすればよかったか?(バイナリを公開するわけじゃないから別にsharedでもいいけど)
最初b2で一部エラーになっていたので調べてみるとbzip2-develが入っていなかったことが判明したので入れて再度やり直したのは秘密。

Dogecoinをコンパイル
$ git clone https://github.com/dogecoin/dogecoin.git
$ cd dogecoin
$ qmake-qt4 USE_QRCODE=1 USE_UPNP=- USE_DBUS=1 \
  BDB_INCLUDE_PATH=../db-4.8.30/build_unix \
  OPENSSL_INCLUDE_PATH=../openssl-1.0.1g/include \
  OPENSSL_LIB_PATH=../openssl-1.0.1g \
  BDB_LIB_PATH=../db-4.8.30/build_unix \
  BOOST_INCLUDE_PATH=/usr/local/boost-1.55.0/include \
  BOOST_LIB_PATH=/usr/local/boost-1.55.0/lib
$ make
$

BOOST_LIB_SUFFIX=-mtは不要(boost-chrono-mtが見つからんエラーになる)

実験中:よい子は次のアドレスにメールを絶対に送らないでください。場合によっては晒しあげされますよ。 ivyrush+htnb.20170313@rita-ch.com viande@rita-ch.com