以下省略!

タイダルウ(ry 毎日1記事執筆運動実施中。

WinXP SP2での証明書絡みのエラー、最初はググり方が悪かったのか「?」だったんだけど改めて調べたらSHA-2に対応してない時のエラーだったみたい

f:id:abyssluke:20150526165437p:plain:w200:leftWindows XP SP2環境において一部HTTPSサイトに繋がらなかったり、メール署名の検証に失敗するなどの現象が数カ月前から起きてたのだが、どうやらSHA-1証明書からSHA-2証明書への移行中(参考:サイバートラストのページ)の関係で、Windows XP SP2以前はSHA-2証明書に対応していないためこういう現象が起きてる模様。XP SP2でSHA-2証明書の詳細を開くと画像のように「この証明書の整合性を保証できません。証明書が壊れているか、または変更されている可能性があります。」と表示され、詳細タブの署名アルゴリズムには「1.2.840.113549.1.1.11」のような謎の数字が表示される。SP3にあげようにもHDDに余裕ないし(過去記事を見ればわかるがパーティションリサイズしようにもエラーになる…)、Unknown Hard Errorの悪夢が。。関連するDLLをSP3の物に無理やり置き換えれば(SuperUserの質問のProof of Conceptとある回答)対応できそうな気はするが*1…。ちなみにFirefoxHTTPSサイトの接続はOSの機能を使わないみたく、XP SP2のIEではアクセスできないサイトでもアクセスできる模様。

*1:実際SP3にしかないDLLを入れてVitaのコンテンツ管理アシスタントを無理やり動かしたことはある

実験中:よい子は次のアドレスにメールを絶対に送らないでください。場合によっては晒しあげされますよ。 ivyrush+htnb.20170313@rita-ch.com viande@rita-ch.com