以下省略!

タイダルウ(ry ほぼ毎日1記事執筆運動実施中。 ※記事に広告(アフィリエイト)リンクを掲載している場合があります。

Cloudflare Tunnel、(設定の仕方によるけど)わりと簡単にトンネル掘れるからISPのNAT内でも自宅サーバー立てるの捗るのでは説。

アザラシ(記事画像は適当) 以前Quick Tunnels絡みの話をしたが、ここで先日やってみた実験の話。Colab環境でPythonの簡易Webサーバーを立てて、Cloudflare Zero Trustのダッシュボードからトンネルを作成、発行されたトークンを含んだcloudflaredコマンドをColab上で実行*1、これだけで指定したFQDN(~.gudako.netなど)で簡易Webサーバーにアクセスできるようになったという。これはNATの中でも自宅サーバー立てるのが捗りそうだな?RasPi*2でやってみたいですな。

*1:規約的には微妙かもしれんので注意

*2:持っているRasPiは世代が古いので3以降が欲しいか

Twitter(𝕏)で検索すると地獄なワード、インブレゾンビの湧くトレンド以外にも「固定ツイート」「ストップ高」とかも地獄やで。いわゆる「検索してはいけないワード」やな。

アザラシ(記事画像は適当) タイトルで言いたいことは言っている系記事。「固定ツイート」はエロ垢、「ストップ高」は怪しい株関連のサイトに誘導するspamアカウントでいっぱい。

cloudflared(Quick Tunnels)遅いとか言ったな、アレは嘘だ。(設定変えれば)

アザラシ(記事画像は適当) 以前ngrokが使えなくなったので代わりに(速度遅いけど)cloudflared使うしかないかと書いたが、その後ググったところ、「--protocol http2をオプションに加えたらいい」という公式フォーラムの中の人発言を見つけたので試したところngrok並の速度になり快適になった。CloudflareのQuick Tunnels機能はQUICプロトコルがデフォルトになっているので、HTTP/2にしてあげることで速度が改善される可能性がある、ということだ。このためにWebUIの拡張機能 sd-webui-tunnelsで使われているライブラリ pycloudflaredをフォークしていじったのは秘密。元のリポジトリがあまり更新されていないけどプルリクしたほうがいいのかしら?

wkwkwkwkwktntntntntn(XBB.1.5対応)

今日コロナワクチンの5回目の巻。4回目から1年以上経過した今回は公費で受けられる最後の機会。XBB.1.5対応ファイザー製。デジタル接種証明書アプリも今年度いっぱいまでらしい。5類相当に移行した今、証明書の提示を求められる場面は病院くらいしかないと思うが……。

gudako. netはDKIM/DMARCに対応しました(SPFは元から対応)

事前にお知らせした通り、本日gudako.netはDKIM/DMARCに対応しました。まぁこちらからメール送ることはあまりないかもしれませんが……。DKIMはさくらのレンタルサーバのコントロールパネルでDomainKeyを生成しDNSに設定、DMARCはCloudflareの機能(DMARC Management)で設定(Cloudflareのダッシュボードでレポート分析可能)。SPFは元から設定済です。DomainKeyのCloudflare(DNS)への設定はちょっと癖があるので要注意かな(さくらで発行された公開鍵のヘッダー(BEGIN)・フッター(END)・改行を消して、セレクターは設定したセレクター(rs20240131みたいな名前)、内容には"k=rsa; p=(公開鍵)"を入力する必要がある)。DMARCはしばらくしたら隔離設定に切り替えるかも。

最近胸糞悪い話題が出回りまくっており……。いろいろ辛くなるのでは説。

アザラシ(記事画像は適当) タイトルで言いたいことは言っている系記事。こういった時はSNS等から離れるのが一番だけどね。