以下省略!

タイダルウ(ry 毎日1記事執筆運動実施中。

AndroidのDNS over HTTPSクライアント 1. 1. 1. 1とIntraを使ってみたのは秘密

f:id:abyssluke:20181121162300j:plain:w200:left先日Androidで動作するDNS over HTTPSのクライアントである、1.1.1.1Intraを使ってみたのは秘密。前者は以前紹介したCloudflareの1.1.1.1の公式アプリで、後者はGoogle(Alphabet)のグループ会社 Jigsawが作ったアプリ。使用開始までのフローは両者とも同じ。Cloudflareの方は公式アプリだけあって1.1.1.1しか使えない作りだがDNS over TLSも指定可能、IntraはDNS over HTTPSのみ?だがデフォルトのGoogle(8.8.8.8)の他にCloudflareのDNSや、任意のDoHサーバーが指定可能、そして除外アプリが指定できる。+メッセージとは相性が悪い*1ので+メッセージを使う場合は除外アプリ設定ができるIntraがベターかもしれない。と、かんたんにメリットデメリット紹介してみるアレ。(※この記事ではWi-Fi環境下で検証しています)

*1:適用中ネットワークに接続されていませんと表示される

Karnoに届いたspam#95,96 : Reem Al-Hashimy(詐欺) その29 / ほか1通

https://rita.xyz/blog/pixabay/can-297384-svg-w240-fs8-zf.pngspam収集実験用アドレス(Season 5) karno@rita-ch.com(よい子はメール送っちゃダメ)に95,96通目のspamが来たので晒しあげ。

#95: Reem Al-Hashimy(詐欺) その29。はいはい同じことしか繰り返さないいつもの詐欺師お疲れ様。

#96: Sean Kim(詐欺?) その2。至急返信くれとしか書いていないメールの第2弾。詐欺フラグの臭いがする。前回はFrom偽装・BCCでない送信手法だったが今回は真逆。

メールカテゴライズ: #95,96: 英語/詐欺

なんとなくrita. xyzにCAAレコードを設定してみた

https://rita.xyz/blog/irasutoya/key-w200-fs8-zf.pngなんとなく、rita.xyzに対し、証明書の誤発行を防ぐために発行可能な認証局を制御するDNSレコード CAAをセットしてみたのは秘密。設定すべきCAAレコードを生成してくれるサイトがあるのでそれを使ってAmazonとLet's Encryptのみ許可する設定にした。Amazonは念の為このページに記載されている4つのドメインすべて記載しておいた。Amazon Route53はCAAレコードに対応しているが、ムームードメインValue-DomainDNSはどうやらCAAレコードに対応していないのでrita.linkなどに設定できないアレ。

Karnoに届いたspam#94 : Reem Al-Hashimy(詐欺) その28

https://rita.xyz/blog/pixabay/can-297384-svg-w240-fs8-zf.pngspam収集実験用アドレス(Season 5) karno@rita-ch.com(よい子はメール送っちゃダメ)に94通目のspamが来たので晒しあげ。約3週間振りだな、同じことしか繰り返さないいつもの詐欺師。偽装Fromのドメイン(伏せているけど)は約5ヶ月振りの使用っぽい。 メールカテゴライズ: #94: 英語/詐欺

脳内で受信した電波ワードでググる何かとは(その40)

https://rita.xyz/blog/irasutoya/computer_search_kensaku-w240-zf.png「脳内で受信した電波ワードでググる何かとは」シリーズ、第40弾。その38公開以降にググり遊びし、かつ結果が少数(10件未満)なものをピックアップする(11/17分まで)。過去記事は専用カテゴリ(#StrangeWordSearch)から見てください。。

※結果は検索した当時のもの。
※この記事への掲載を見送ったものもある。

ググり遊び(結果少数なもの)

  • "一地蔵" "二地蔵" "三地蔵" "四地蔵" "五地蔵" "六地蔵" 約 8 件 (0.45 秒)
    • 数えシリーズ。
  • "ヨルダン" "アサダン" "ヒルダン" "アンマン" "ニクマン" 8 件 (0.25 秒)
    • ヨルダンの首都はアンマンであるが、ヨルの部分を朝にしたり昼にしたり、アンマンを肉まんにしたりしたアレ。
  • "Deep Name Line" 約 7 件 (0.48 秒)
  • "10万ボルトペンギン" 約 3 件 (0.35 秒)

総書き込み量はtune2fs or dumpe2fsでも確認できる

https://rita.xyz/blog/irasutoya/computer_ssd-w200-zf.png少しどうでもいいメモ。SSDを使っていると総書き込み量が微妙に気になってくるが、ext4などを使っている場合tune2fsまたはdumpe2fsコマンドで知ることができたり。ただしファイルシステムを作成した時点からのカウントであり、パーティション単位なので注意。

$ sudo tune2fs -l /dev/sda1 | grep "Lifetime writes:"
Lifetime writes:          6966 GB
$ sudo dumpe2fs -h /dev/sda1 | grep "Lifetime writes:"
dumpe2fs 1.44.1 (24-Mar-2018)
Lifetime writes:          6966 GB

この場合6TB以上書き込まれたことを表す。あくまでも目安程度に。

Karnoに届いたspam#93 : Hannah Justin(詐欺フラグ?)

https://rita.xyz/blog/pixabay/can-297384-svg-w240-fs8-zf.pngspam収集実験用アドレス(Season 5) karno@rita-ch.com(よい子はメール送っちゃダメ)に93通目のspamが来たので晒しあげ。中国語な謎メール。翻訳した感じ、礼儀正しく正直で信頼できて思いやりのある人を探している的な内容。BCCで送っているのでもしかしたら詐欺メールの一種なのかもしれないけど……。しかしなんで中国語? 業者の中ではkarno@rita-ch.com=中国人のアドレス、として認識されてるの? メールカテゴライズ: #93: 中国語/不明(詐欺フラグ?)

実験中:よい子は次のアドレスにメールを絶対に送らないでください。場合によっては晒しあげされますよ。 ivyrush+htnb.20180505@rita-ch.com karno@rita-ch.com