以下省略!

タイダルウ(ry 毎日1記事執筆運動実施中。

ACMのドメイン認証をDNSに切り替えた

f:id:abyssluke:20190511120355p:plain:w200:leftAWSから「ACMで取得したrita.xyzの証明書、このままだと自動更新されないよ、DNSでの認証に切り替えるか、ドメイン管理者宛に送ったメール確認してね」というメールが来ていたのでDNSでの認証に切り替えて再発行したのは秘密。メールによる認証で発行されたものからDNS認証に直接切り替えることはできないので、新たにDNS認証で証明書をリクエスト、発行完了後CloudFront側にて新たな証明書に付け替える形になる。rita.xyzはDNSにRoute53を使用しているので、認証用のCNAMEレコード追加はSESのドメイン認証と同じくレコード追加ボタンをポチっと押すだけである。メール認証とは違い、認証用のCNAMEレコードがあり、かつAWSのサービスで使用されていれば何もせずとも自動更新されるようになる。

実験中:よい子は次のアドレスにメールを絶対に送らないでください。場合によっては晒しあげされますよ。 ivyrush+htnb.20190210@rita-ch.com karno@rita-ch.com