以下省略!

タイダルウ(ry 毎日1記事執筆運動実施中。

M75q-1 TinyのAPUを使ったAMD Fluid Motion Videoで24/30fpsな動画をぬるぬる見るメモ

f:id:abyssluke:20200605160219p:plain:w200:leftThinkCentre M75q-1 TinyのAPU、Ryzen 5 PRO 3400GEはGPUとしてAMD Radeon Vega 11が内包されているが、そのGPUを利用して24/30fpsの動画を60fps化してぬるぬるにしてしまう(かもしれない)メモ。
AMD Fluid Motion Videoという機能を使う。Twitterで見かけて試してみたら感動してしまったので思わず。

手順

  1. AMD Radeonソフトウェアを最新版にする。 → https://www.amd.com/ja/support
  2. MPC-BEをダウンロード、インストールする。 → https://sourceforge.net/projects/mpcbe/
  3. Bluesky Frame Rate Converter(以下Bluesky FRC)をダウンロード、インストールする。 → https://bluesky-soft.com/BlueskyFRC.html
  4. スタートメニューからBluesky FRCを起動し、GPUのドロップダウンからAMD Fluid Motion Videoを有効にするを選択、UACダイアログが出てきたら許可する。
  5. AFMモードをモード1かモード2にするとレート変換のグレーアウトが解けるので24p/30p両方にチェック。接続時のレートチェックをスキップするも入れておいたほうがいいかも。
  6. 念のため一旦再起動する*1
  7. MPC-BEを起動し、表示→オプションを開き、外部フィルターを選択、フィルターの追加からBluesky FRCを選択する。
  8. 追加されたBluesky FRCを選択、優先するにチェックを入れる。
  9. 適当な24/30fpsな動画を再生してぬるぬるを体感する。
  10. Youtube動画などを60fps化して見る場合はyoutube-dl.exeをダウンロードしてMPC-BEと同じフォルダに入れておくと、URLを入れたり動画のリンクのドラッグアンドドロップで再生できる*2

注意

  • Bluesky FRC(AMD Fluid Motion Video)によってフレーム補完された動画がぬるぬると感じるかは個人差がある。動画やシーンによってはうまくフレーム補完されないこともある。
  • 24fps/30fps(29.97fpsなどを含む)以外の動画(元々60fps、15fpsなど)は補完処理されないので注意。

*1:こちらの環境ではディスプレイドライバがリセットされるとスタートボタンや検索ボックスが効かなくなるため。スタートボタン右クリックは効くのでスタートボタン右クリック→シャットダウンまたはサインアウト→再起動

*2:Youtubeの仕様がよく変わるのでMPC-BE内蔵のウェブページパーサーでは再生できない。youtube-dlであれば仕様変更などに合わせて更新されている